女性委員会 H25バス研修見学会 熱海~起雲閣・旧日向邸・MOA美術館

8月のある日、女性委員会から来た研修見学会の案内を見たら見学先の中にブルーノ・タウトの旧日向邸がありました。かねてから見たいと思っていた建築です。
でも男一人で女性委員会の事業に参加するのはちょっとと思い、同じ支部のMさんを誘ったところ「行く」という返事。早速申し込んだのでした。

集合は9月28日午前7時45分、名古屋駅西口、集まった顔ぶれを見ると私たち以外にも数人の男性がいたのでホッとしました。
目的地の熱海まではバスで4時間半を超える長丁場です。支部の旅行ならビールが回ってくるところですが、お茶とたっぷりのお菓子をいただき、サービスエリアではお酒が買えないので大人しくしていました(見学先の説明や参加者の自己紹介があり、車中はひたすら真面目な雰囲気でした)。

お昼は車中でお弁当。これがなかなか美味しい!さすが女性委員会!

最初の見学先は熱海市の指定有形文化財「起雲閣」(リンク先は熱海市HPの紹介ページ)です。
大正から昭和にかけて3人の富豪によって引き継がれた建物は和洋折衷の贅沢な作りで庭も綺麗です。一時は旅館として使われていたものを廃業時に熱海市が買い取ったそうです。

庭で熱海市の方から説明を受けました

マントルピースのある洋間

ローマ様式の風呂

このあとは旧日向邸が一度に全員は見学できないということで、私たちは先にMOA美術館に向かいました。狭い山道を何とか大型バスで登り切ってエントランスに到着しました。(MOA美術館のホームページはこちら

大きなトンネルの中を長い長いエスカレーター&階段が続きます(これに建設費用がどれだけかかっているのか想像がつかない…)。特別展を見る時間はないので、一般展示を一通り見ました。日本の絵画や陶磁器などが中心で、外国人観光客も目につきます。

もう一度バスに乗って、いよいよ旧日向邸へ。バスを降りて坂道を歩いて登り、目立たない細い道を海へ向かって少し降りたところにあったのは、一見普通の日本家屋でした。

解説ビデオを見た後、お待ちかねの地下室へ。ボランティアガイドの方の熱の入った説明を聞きながら、何とも独特なブルーノ・タウトの世界に浸ります。これから行かれる方に予見を持っていただきたくないので個人的感想は控えますが、一日かけてきたかいがあったと思いました。なお建物は、土日祝日のみ公開されています。
(内部の写真はNGでしたので、NPO法人日向家熱海別邸保存会のフェイスブックページをご覧ください

帰り道は天気に恵まれたことで心配していた長い渋滞はなく、約40分遅れの午後8時頃に名古屋駅に到着しました。女性委員会の皆さん、大変お世話になりありがとうございました。また機会があれば参加したいと思います。

広報委員 吉田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です