至上の印象派展 ビュールレ・コレクション(名古屋市美術館)

モネ「睡蓮の池、緑の反映」

9月7日の広報委員会に出席する前に名古屋市美術館で、「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を観てきました。有名画家の作品がずらりと並んで圧巻。最後のモネ「睡蓮の池、緑の反映」は撮影可で、これと今回の目玉「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」の前は人だかり。イレーヌ(8歳!)に魅了されたルノワールの姿が目に浮かぶようでした。モネは「ジヴェルニーのモネの庭」も良かったなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です